スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

個展の開き方 その2 〜DMについて〜

 

 

前回

個展を開くにはまず

「会場をおさえる」

と書きました。

 

今回は、

予告通り

DMについて書いてみます。

 

 

私は個展の際、

DM(ダイレクトメール葉書)の原稿を

Macにインストールしてある、

AdobeさんのIllustratorCC

というソフトを使って作っています。

 

このIllustratorCCというソフトは

年間(または月額)料金を支払って

更新していく感じです。

安くはないのですが

平面系の作業が大好きな私は

とても重宝しています。

使い方がわからない時は

グーグル先生で検索すると

大概は解決できるかと思います。

 

ではどのタイミングで

原稿を作って

印刷発注するかというと

 

個展会期の

1ヶ月+10日前

くらいを

目安にしています。

 

開催のだいたい2週間前には

宛て名書きを終えて

ポストに投函したいので

(このタイミングが早過ぎると

開催の頃には

葉書を受け取った方から

忘れられてしまいます(^^;; )

 

 

宛て名書きに1週間みて

印刷と

印刷物到着の日数を

多めに10日ほど見積もって

原稿作成日数を考えると

必然的に

会期1ヶ月+10日くらい前、

という計算になります。

 

なので

スケジュール張に

個展開催日を書き込んだら

 

その1ヶ月+10日くらい前の、

原稿を作る作業ができそうな日に

DM原稿作成、

その数日後に

印刷発注、

の日程を書き込んでしまいます。

 

部数は1000部ほど印刷発注するのが

平均的なようです。

もちろん人にもよるかとは思いますが

私も毎回1000部、印刷発注しています。

 

初めて個展を開く場合は

1000部は多く感じるかもしれませんが

 

知り合いのお店に置かせていただいたり

開催ギャラリーのご近所さんに置かせていただいたり

人気のギャラリーさんに置かせていただいたり

を考えると

1件に30部置かせてもらうとして

友達や親戚や

もしあるなら営業先など

1枚ずつ郵送する分も合わせると

1000部あっても

そんなに多すぎないかと思います。

 

 

DM原稿の中身については

それぞれかとは思いますが

 

宛て名面に載せる、

ギャラリーの住所や地図は

それを頼りに来てくるお客様もいるので

気合の入れどころだと思います。

 

私の数ある失敗談として

 

ギャラリーの地図がわかりにくい

とか

 

ギャラリーの住所が、

「49」が「4-9」

に見えてしまったりして

 

お客様を

迷わせてしまったというのがあります。

しみじみと申し訳ない。。。

 

なので

会期や会場時間を

正確に掲載するのはもちろんですが

 

ギャラリーの住所と地図を

 

くれぐれも

 

「印刷発注をかける前に何度も見直し」

 

することを

オススメして

 

今回の

DMについて

 

を結ばせていただきます。

 

でも

DMが出来てくると

個展の気分がかなり盛り上がって

テンションもいい感じに上がってきますので

 

個展を開く際は

ぜひ

DM作りも楽しまれてみてくださいませ〜。

 

私はただでさえ

が好きなので

自分の作品が印刷された葉書が

1000枚も届くと

ららら

です♪

 

うふふ。

 

では今日のおまけ。

眠れない夜のための

アカペラ子守唄をどうぞ。

 

 

 

 

 

LOVE(⌒▽⌒)♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

コメント